医療機関で行われるレーザー脱毛について

医療機関で行われるレーザー脱毛。

そのメカニズムとメリット、脱毛サロンの光脱毛との違いについてお伝えします。

レーザー脱毛のメカニズム

レーザー光線は、波長の長さによって特定の色や物質にのみ反応する仕組みです。

波長

その性質を利用し、脱毛では皮下の毛の色である黒いメラニン色素をターゲットにします。

肌に当てたレーザーは黒い毛に吸収されて毛を伝導体として毛包全体に熱を伝えます。

やがてその熱は周囲に広がり、毛の製造工場とも言える毛球部の毛母細胞を破壊した結果、毛が生えてこなくなります。

医療レーザーのメリット

レーザーの光な特定の色や物質にのみ反応するという作用により、周りの皮膚などにダメージを与えず安心です。

それに、万が一トラブルがあったとしても、医療機関で早急に適切な処置ができるので安心です。

一本一本処理をしていく針脱毛と比べ、劇的にかかる時間が少なく処理ができます。

合わせて痛みも針脱毛と比べて少ないので、短時間、かつ快適に脱毛をすることが可能です。

そして、肌へのダメージが少ないので、基本的には全身の脱毛が可能です。

クリニックとサロンで使われる脱毛器の違い

エステサロンは法律上、長期的効果のある脱毛はしてはいけないとされており、低出力のマシンのみを使用しています。

そのため、料金は安く設定されていることが多いのですが、効果が出るまでに時間がかかることが多いようで、結果的には安く済まないこともあります。”

PAGE TOP ↑