家庭用と医療のレーザー脱毛の違い

家庭用脱毛器にはレーザー脱毛があります。

医療脱毛

医療での脱毛はレーザー脱毛といいます。

この違いについてお伝えします。

レーザーの出力の違い

家庭用レーザー脱毛機と医療機関で使用されているレーザー脱毛機にはとても大きな違いがあります。

それはレーザーの出力レベルです。

家庭用のレーザー脱毛機は医療機関のレーザー脱毛機と比べてレーザー照射の威力が弱いため照射しても効果が現れない部位があります。

医療機関のレーザーに比べても永久的な脱毛にはなりません。

医療機関のレーザー脱毛に通えば1年、長い人で2年通えば半永久的に毛が生えてこなくなるいわゆる永久脱毛ができますが家庭用のレーザーではそこまでできません。

レーザー脱毛は医療行為

そもそも医療機関で使用しているレーザーは医療行為になります。

なぜかというと、出力レベルが強く毛根や毛乳頭を破壊する威力をもっていますが、家庭用のレーザー脱毛機にはそこまでの威力がありません。

毛根、毛乳頭を破壊するのは医療行為になり、医師免許や看護師免許が必要ですので、一般家庭用に出回るレーザーはそこまでの威力を持たないということになります。

サポートやサービスの有無

それに医療機関ではしっかりと脱毛前にカウンセリングをしてもらえアフターケアも充実していますが自宅でのレーザー照射で赤みが出たり埋没毛になったりするリスクが高いです。

いちいち病院やクリニックに行く必要がないので手軽に脱毛をしたい方には適していますがきちんと脱毛したい方は医療機関のレーザー脱毛をすべきです。

PAGE TOP ↑